読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコンの話

小学生の頃

当時、携帯電話を持ち始める子がちらほら出始めるなか、私はPCにかじりついていたんです。

Youtubeやニコ動なんかはいまほど盛んではなく、その頃は面白フラッシュ動画やゲーム、アイコンチャットやコミュニティサイトが沸いておりまして。

マッキントッシュには「東脳(トンノウ)」なんていうサイケデリックで奇態なゲームもあって、まんまとハマってしまった、というわけですよ。

東脳」という人の顔をしたに、魂をとられた主人公が様々な幻想生物に転生して、
それぞれの生に与えられた使命を果たし「臨兵闘者皆列在前行」の九字を集めながら魂を取り戻すストーリー

楽しかった。とにかく目に映るものすべてにワクワクしてたんです。

ですが、学校の教室にも一台づつPCが置かれるようになった頃に、トンデモナイ事件が起こった。

帰りの会で先生が、血眼で言ったんです。

「ヤフーの検索エンジンで、セックスという履歴を見つけました。」

「検索した人は今すぐ名乗り出ること!」

ってね。これはかなり深刻な問題ですよ。

なにがって、昨日まで辞書や本しか知らなかった人類が急にインターネットという大海原の前に立たされたんです。

小学生ですから、もちろん童貞・処女しかいませんよ。

そんな人類がパーソナルコンピュータを目の前に、恐る恐る調べることって「国語」や「算数」だと思いますか?

 

ポコチンやマンコに決まっているでしょう!!

 

せいぜい「保健体育」がいい所でしょうかね。

しかも名乗り出たところで、先生やお友達から「こいつはセックスと検索した、いやらしいやつ」と思われてしまうわけです。これは大問題です。「よくやった!お前は勇気がある!」ぐらい言ってやれないものか。

 

結局、泣きながら一人の男の子が名乗り出たんですよ。

これはとてもつらく、哀しい思い出として今でも定かに覚えています。

 

「セックスと調べたらまずい」なんてことは1ミリもないにせよ

「パソコンで何かをすると、履歴が残るんだ」と知れたのはよかったと思いますが。

広告を非表示にする